産業用架台

期待を越える「施工力」で高い品質を実現

杭基礎工法、寝巻きコンクリート基礎工法または、コンクリート基礎工法による設置に対応します。

太陽光パネルは、縦置き・横置きのどちらでも取り付け可能となります。

平地のみならず様々な傾斜地(南北/東西)での設置が可能です。

僅か数種類の主要部品を組み合わせるだけで、太陽光パネル用架台を短い工期で組み立てが可能となります。

独自に開発されたクランプとコネクタ採用により、熟練工に依存することなく素早く、確実に組み立てることがことが出来る
柔軟性の高い架台システムを提供します。


設置角度と高さ調整幅が大きいため、様々な気候(風、雪、地震等)条件に適応可能です。

様々な土壌や基礎にも適応し、アンカーシステムも可能です。

高耐腐腐食性部品の採用により
高い信頼性を実現しました(アルミニウム、溶融亜鉛メッキ、特殊樹脂コーティング)。

あらかじめ組立てられたコネクタは、支柱とチャンネルの組立てを容易にし、
作業スピードをアップさせます。

コネクタは、高さと角度の調整が自在で、複雑な留め付け作業も迅速に。

ウィングファスナーにより、縦材・横材を簡単に確実に、留め付けが可能。

あらかじめ組み立てられたクランプのみで、パネルの留め付け作業が可能。